キャッシュカードでお金借りる時の2つの注意点

キャッシュカードでお金借りる時には、2つの注意点があります。
まず大切なことは、本人確認の書類を用意することです。
これがないと、お金借りることはできませんし、キャッシュカードを作ることもできません。
本人確認の書類には免許証や保険証が使えます。
パスポートや住民票も本人確認の書類として使うことができます。
これらの書類のコビーをカードの会社に送ります。
会社によってはホームページからアップロードできる場合もあります。
その時はコピーは必要なくて、本人確認の書類を撮影した画像を使うことができます。
お金借りる時にもう一つ大切なことがあります。
それは収入証明の書類です。
借りるお金が少なかったら、収入証明の書類を提出する必要はありません。
しかし、高額のお金を借りる時は、収入証明の書類が必要になります。
またすでに借入があり、新たな借入をする場合も収入証明の書類の提出が必要なことがあります。
借入の合計が100万円以上になるときに、収入証明の書類を出します。
100万円以上の借入をする場合に、書類を提出しなければ、キャッシュカードを作ることはできません。
収入証明の書類には給与明細や納税証明書などを使うことができます。