おまとめローンの審査に落ちたからと言って、諦める必要はない

複数の返済先がある、その管理も大変ですし、それぞれに支払う金利もかなり負担になっています。
そのため、少しでも返済を軽くするために、おまとめローンを利用する人が多いです。
ですが、おまとめローンは希望者が多いのに、その審査はとても厳しいと有名です。
実際現状を変えたくておまとめローンの審査を受けたのに、「審査落ちた」と落ち込む可能性も高いのです。
しかし、一度審査に落ちたからと言って、おまとめローンを諦める必要はありません。
まずあなたが銀行でおまとめローンの審査を受けたのであれば、審査を通過するのとても難しいです。
何故なら2017年5月以降、これまで銀行がおまとめローンとしても利用できると宣伝していた銀行カードローンの審査が厳しくなってしまいました。
これは金融庁の指示によるもので、銀行のカードローンの審査が緩和されてしまい、結果として多重債務者が増えている状態を解消するために、銀行へ審査を厳しくするように指示したのです。
そのため現在は銀行でおまとめローンを利用するのは難しく、もしも審査を通過できるのであれば、収入の安定や月日の返済額も増加できるほどの余裕が必要になるでしょう。
そもそもおまとめローンを利用したいと考える人は、毎月の返済額を抑えることができると誤解しています。
しかし、そうすると最終的な返済額が増額してしまい、借金が増えるという矛盾を抱えてしまうことになります。
おまとめローンを利用してメリットを得たい人は、できれば収入が以前よりもアップしていたほうが好ましいです。
おまとめローンは年収によって、各金融機関がある程度融資する上限金額を決めています。
おまとめローンの審査に落ちる理由として、年収と融資額のバランスが悪いことが上げられます。
さらに返済実績にも注目しましょう。
これまで借金を返済するときに延滞などがあれば、それだけ審査を通過するのは難しくなります。
特に要注意なのが携帯電話の支払いで、最近は携帯電話購入代金を毎月一定額利用料金と共に支払っていると思います。
携帯料金の延滞があるということは、ローンで買った携帯電話購入代金も延滞していることになり、返済事故として個人情報センターに記録されてしまいます。
こういった部分にも注意を払い、身を綺麗にしておきましょう。
また、おまとめローン審査をあちこちに申し込むのはよくありません。
通るかどうかわからないという不安はわかりますが、まずは一件一件丁寧に審査結果を待つことが大事ですよ。
おまとめローンの審査を受けることができる金融機関はたくさんありますが、自分で何故審査に落ちたのか考えて、改善をして申し込みをしましょう。