お金借りる目的がパチンコの時の借金解決の方法について

パチンコが趣味で手持ちの資金が足りないときには、消費者金融のキャッシングが便利です。
キャッシングであれば利用目的が問われることはなく、様々な目的のために借り入れができるサービスとなります。
そのために複数の金融業者からお金借りる人も珍しくなく、毎月の返済が滞ってしまうと多重債務者になってしまう可能性があります。
パチンコによって借金が増えたときには、弁護士に相談して債務整理の手続きを検討する人がいると思います。
債務整理として代表的な手続きとしては、自己破産を挙げることができて、破産の申し立てを地方裁判所に行って免責を認めてもらうことで、抱えている全ての借金の返済義務を免除してもらう手続きとなります。
しかし、自己破産では裁判所の免責許可を受けられないケースがあり、パチンコなどのギャンブル目的でお金借りることによって、借金が増えたときには免責不許可事由に該当するために、支払義務を免除してもらうことができないことが考えられます。
従って、お金借りる目的がパチンコなどのギャンブル目的のときには、別の債務整理の方法を選択する必要があります。
債務整理には任意整理という手続きがあり、個別に消費者金融に対して弁護士が交渉することで借金の減額を目指す手続きとなりますので、パチンコによって増えた借金であっても解決を目指すことが可能です。